recruit

求人情報

  • 人事担当から
  • 先輩たちの声
  • ある講師の一日
  • 研修システム
  • 採用条件・試験

人事担当 中村建吾からのメッセージ

塾での仕事は”教える”ことだけではありません。

塾での仕事は学習指導の要ともいえる授業や教材の作成、準備はもちろん、子どもや保護者との面談・コンタクト、校舎の運営、内外への営業など、実に多岐に渡っています。ですから私たちが求めるのは単純に教職員になれなかった、でも子どもは好きだからこの仕事をやってみたい、という人ではなく、自分なりのビジョンや将来の展望を持ってフレキシブルに動ける人です。部活でもアルバイトでもいい、成功経験でも失敗経験でもいい、学生のうちからできるだけ多くの経験を積み、たくましさと厚みを持った人と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

私たちは”人”にこだわります。

学習指導上、一定の学力や知識は欠かせませんが、私たちはあくまで人物にこだわります。例えば、仕事にやり甲斐を求める人、明るく元気に仕事ができる人、人とつき合うことが好きな人ですね。もちろん誰もがはじめからこのような能力を持ち合わせているわけではありませんが、その人を伸ばす研修システムが私たちにはあります。基本的に最初2、3年は同じ校舎に勤めてもらいます。子どもたちと触れ合い、共に学ぶ中で、ご自身の成長もしていただくようにしています。
塾において講師というのはある意味、商品なのかもしれません。その人自身の魅力、その人の生み出すものが塾を支えていきますし、子どもたちや親御さんを満足させていくのですから、まずは立ち止まることなく、自分自身も大きくなろうとする前向きな姿勢を持った方と出会いたい、と考えています。

先輩たちの声

池田大介

所属校舎:本部校

写真:池田大介

EISUグループでの生き甲斐は

まさに一期一会。様々な形での新しい出会いが毎年あります。関わっている子どもたちは一番成長する時期・年齢です。一緒に過ごしていると、日々の中でその『成長の瞬間』に立ち会えることがなによりの喜びであり、少しなりともそれに手助けできたと感じられることが私の生き甲斐です。

休日は

時間があれば料理をしたり、友達とカラオケに行ったりします。

EISUグループを選んだ理由は

子どもたちと一緒に自分の成長もできると感じたからです。また、面倒見に力を入れている温かみのある部分にも魅力を感じました。

今の部署ではどんな仕事をしていますか

本部校の校舎運営・校舎業務・授業を含めた生徒指導をしています。校舎の舵取りを行う立場なので責任も伴いますが、やりがいを感じています。

仕事での喜びや苦労は

『いかにして生徒を成長させるか』を考え、計画を立て、実行する。すごく大変です。しかし、見立て通りの結果が出た時の喜びはひとしおです!

佐藤優実

所属校舎:EISU CLASSIC校

写真:佐藤優実

EISUグループでの生き甲斐は

目標達成に向けて、生徒と一緒に笑ったり、苦しんだり、本音でぶつかることで、人の人生や成長に関わっていく喜びを実感でき、それが生き甲斐になっています。多くの人に接する機会をいただく中で、人との繋がりを大切にする気持ちが強くなったと思います。

休日は

車で景勝地や公園へ出かけることが多いです。

EISUグループを選んだ理由は

自ら学ぶ力を育てるという教育理念に惹かれたからです。生徒たちの目標達成と成長のために、という意識を持って先輩方が生き生きと働いている様子を見て、自分も同じように働きたいと思いました。

今の部署ではどんな仕事をしていますか

CLASSIC校の校舎業務・生徒管理・指導を行っています。CLASSIC校は対象学年が幅広く、様々な状況の生徒さんが通われるため、各学年、個人個人に何を意識させて勉強に向かわせるかを考えて指導にあたっています。

仕事での喜びや苦労は

どう指導してどう伸ばすかは1人1人異なるので、それを考えて実際に指導することは、やはり大変です。また、生徒の成績が点数や入試結果として表れます。しかし、生徒が前向きに頑張るようになったり、点数が上がったり、志望校に合格した時の喜びは大きいです。

高橋正太郎

所属校舎:EISU CLASSIC校

写真:高橋正太郎

EISUグループでの生き甲斐は

人と接する事の多い仕事で、さらに年齢の幅も広く仕事をしている中で様々な人と出会うことができます。もちろん仕事ですから、結果や成果が求められます。しかし、その中でも人の人生に関わる事をやっているという誇りや、人に貢献しているという実感が私の生き甲斐になっています。

休日は

バスケットボールで汗を流しています。

EISUグループを選んだ理由は

本物志向だからです。偽物が横行している世の中でも、本物を貫く所にひかれました。またそれを実行する知恵と力強さに魅力を感じEISUグループを選びました。

今の部署ではどんな仕事をしていますか

一斉指導・個別指導の授業はもちろんしていますが、校舎全体の運営管理も行っています。生徒の管理や講師の管理も重要な仕事です。明るい校舎になるように考えて仕事をしています。

仕事での喜びや苦労は

塾の仕事は、自分の成長がとても分かり易いのでそれを実感できた時が一番うれしいです。逆に、生徒の成績など数字で出るため結果が良くない時には落ち込みます。

ある講師の一日
【プロフィール】
2016年採用。CLASSIC校勤務。一斉指導の英語・社会を中心に毎日授業。とにかく生徒の成績を上げることが自分の使命だと感じ、結果にこだわった指導を徹底している。

  • 写真:出勤

    午後1時30分出勤

    夜遅い仕事ですが、午前中は趣味のギターを弾き、リフレッシュしてから出勤!1日の最初に好きなことができるので、毎日清々しく仕事がスタートできます!趣味は大切です。音楽の話は生徒たちとの雑談にも活かしています!

  • 写真:校内美化

    午後1時40分校内美化

    教育の観点から、消しゴムのカスなどは生徒に捨ててもらっていますが、その他はしっかり掃除します。生徒に気持ち良く勉強してもらうために頑張っています!掃除って良いですね!綺麗にしながらも、今日の生徒対応のスケジュールも立てることができるんです!「○○君へは今日こう声掛けよう!」という感じです。

  • 写真:やる気アップ作戦

    午後2時00分やる気アップ作戦

    生徒をやる気にさせるには言葉だけではダメ!成績アップの掲示物や毎日のウエルカムボードでやる気を喚起しています。生徒への指示やお願いを考えることで、自分自身の頭の整理にも繋がります。伝え上手は授業上手!全ては生徒のためと思い頑張っています!

  • 写真:全体会議

    午後3時00分全体会議

    全体会議こそEISUの強み!秋田県全体の情報が集まります。実力テストの平均点や傾向、各中学での取り組み。それを共有して全校へ波及させています。入試は情報戦です。正しい判断が大切です!!

  • 写真:校舎会議

    午後4時30分校舎会議

    昨日の生徒状況、今日の全体会議での情報を加味して、授業ミーティングをします。一斉指導・個別指導ともに、テスト範囲の確認や、それに向けての進度のチェックを行います。また、保護者様のご要望などをこの時間で再確認し、できる限り指導に活かしています。

  • 写真:そろそろ授業

    午後5時30分そろそろ授業

    さあ電話が鳴ります!進路のご相談電話や、新規の入学電話、授業の欠席電話などです。ちょうど生徒も来る時間ですので、もしかしたら電話に出られないかもしれません。その場合は転送先や、留守番電話での対応となります。お許しください。

  • 写真:登校指導

    午後7時00分登校指導

    生徒のお出迎え。ボーっと立っている訳ではありません。鋭い眼力で生徒の表情をチェック!!表情が冴えない時の原因ランキングは……第3位「友人関係」。第2位「テストの結果が悪い」。そして第1位は…………「通塾前に親とケンカした!」です!(笑)……なだめるのって大変です。。。

  • 写真:授業

    午後7時40分授業

    1学期・一斉指導は全学年この時間に授業開始。いろいろな学校の進度を気にしながらの授業です!一斉指導とはいえバンバン指名して答えてもらう「生徒が主役」の授業ですので、疲れていても集中せざるを得ません。生徒全員が主役。講師は脇役に徹します。

  • 写真:質問対応

    午後10時00分質問対応

    学校のワークを持って来たり、今日の授業の質問をしたり、様々です。質問をすることにより、それだけで勉強した気にならないように、しっかりと管理します。この個人対応が本当に大切!相談されたことは真剣に考え応えています!

  • 写真:帰宅

    午後10時30分帰宅

    帰宅時間は目安。生徒の頑張りには絶対に応えます。我々の仕事は時間内の授業ではなく「成績を上げること」。その使命感のもと、日々頑張ります。帰宅後は、相談されたことを考えたり、午前に上手にできなかったギターの練習をしたり…。

力と心を育む段階的な研修システム

段階図

新卒者を対象に、社会人としての基本的な考え方や基本実務などの導入研修
  • 新社会人としての考え方
  • 会社・組織の機能と役割について
  • 講師に求められるもの
学習指導に関する全業務
  • 指導技術ついて
  • 春・夏・冬各講習の教務研修
  • 生徒指導、保護者面談の方法
  • 各種教材・テストの検討及び作成
3月・6月・12月の年3回行われる実務研修
  • 3月 新年度校舎運営計画及び目標方針について
  • 6月 中期運営業務研修
  • 12月 後期合同業務研修(見通し、修正、新規分野などについて)
教室内の様々な業務に関して
校舎長を中心に行われる実務研修
  • 校舎業務全般
    (文書・テキスト作成・管理・電話対応の基礎知識、入塾手続き他)
入社3年以上の社員を対象に実施予定
  • 校舎長候補、他業務責任者としての役割について
  • 校舎運営の目標と計画の作成と実施について
管理者としてのマネジメント研修
  • 管理者としての役割、業務内容の確認
  • 目標達成のためのマネジメントの考え方

採用条件・試験

採用条件

項目 内容 補足事項
応募資格 学部・男女とも不問
採用予定数 5名~
職種 校舎運営
勤務地 秋田市・由利本荘市・大館市・大仙市・横手市
勤務時間 午後1時30分~午後10時30分 講習時は変更
休日 週2回…年間110日(1週40時間実働)
夏期(5日間以上)・冬期(5日間以上)
ゴールデンウィーク
(昨年は8日間)
初任給 180,000円以上(4大卒)
160,000円以上(短大卒)
男女とも均等
手当 残業・役職等有
通勤費 支給 上限月額2万円
賞与 年2回
加入保険 健康・厚生年金・労災・雇用の各種保険完備

採用試験

項目 内容
適正試験 筆記(高校入試程度・5教科中2教科)・面接1・適正
2次試験 小論文・面接2・模擬授業
提出書類 履歴書(写真添付)・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書
応募方法 メール・TEL
試験日 お問合わせください。
場所 本部:秋田市保戸野千代田町7-1 TEL 018-864-7868

書類提出先

株式会社 向学舎グループ 人事部
〒010-0914 秋田市保戸野千代田町7-1
TEL 018-864-7868 FAX 018-863-2924
E-mail:info@akita-eisu.com

y[W̃gbv