philosophy

教育理念

子どもたちがたくましく生きていくために私たちができること

一本の稲穂を与えれば一日食べられる。
稲穂の育て方を教えれば一生食べられる。

私たち教育者の心がけの基本です。

では稲穂の育て方を一から十まで、手取り足取り完璧に教えることがよいことでしょうか。毎年温暖で、土地は肥沃、雨も十分降るならばそれでも良いでしょう。
しかし、実際は違います。寒い年もあれば、土地が枯れることもある。
旱魃もくるでしょう。完璧なマニュアルだけではこれらの問題を乗り越えることは出来ませんし、また将来起こりうる全てのことを教えることもできないのです。

予測不能な未来に立ち向かうために必要な力。
それはどのような環境も条件も乗り越え、自ら稲穂を育て上げる力です。

ある時は雑草への対策を自分で考え、ある時は一生懸命育てた稲がイナゴに食べられる悲しさを体験し、またあるときは縄や草履のように食べる以外の利用法があることを知る。自ら感じ、考え、体験し、学習することで、子どもたちは生きる力を身につけていくのです。

「自ら学び、自らを伸ばす自学力」
私たちEISUグループは、教育のプロとして、子どもたちの学習目標達成、その先にある志望校合格を実現します。
その上で、そこに行き着くまでの過程で子どもたちが身につける「自ら目標を立て、努力し、成し遂げる力=自学力」を重視し、未来をたくましく歩んでいくことのできる子どもたちを育んでまいります。

代表 中村建吾

EISU

指導理念

秋田英数学院の理念である『自学力の獲得』は、すべての部門を貫く『追求テーマ』であり、生徒自身が成長するための学習方法であります。

  • 自学力とは?
    簡単に言えば『自ら学ぶ能力』のことです。具体的には、自ら学習に興味・関心を持ち、目標を設定し、計画し実行する、最後は自分でその成果を評価するという一連の流れです。『言うは易し、行うは難し』の方法です。
  • 獲得の方法は?
    画一的な詰め込み教育では獲得できません。放任しても自学力は身に付きません。自分で考え、自分で調べ、自分で実行できる指導方法があります。あらゆる場面において、自学力の獲得に結びつく指導を行います。
  • 獲得できたら?
    すべてが自らですので、意欲、やる気が起きます。当然の結果として大きな伸びがみられます。更に意欲が沸いてきて、自分で自分を飛躍させることにつながります。
  • 自学力の方針
    『確かな目』・『確かな心』・『確かな力』を育成する、最良の指導方法であり、今まさに必要とされるものなのです。

y[W̃gbv